自分が非常識なのかもしれないけど。 婚約してて、あと2週間で結婚式&入籍というところだったけど婚約破棄された。

902: 名無しさん@おーぷん 22/10/11(火) 06:26:10 ID:fl.ok.L1
途中だった、ごめん。
そんなときに私の実家で、彼も呼んで焼肉。
普通に和気あいあいと食べてたんだけど、父が取った肉がまだ生焼けで、お父さんそれ生焼けだよ、こっちが焼けてる方と言って渡したときに彼がん?という顔をした。
だから、あーお父さん色盲なんだよね、赤が見えなくてと話した。
記事の途中ですがこちらもおすすめ


902: 名無しさん@おーぷん 22/10/11(火) 06:26:10 ID:fl.ok.L1
それからは色盲あるあるというか、
肉の色がわからないから焼けたかどうかわからないとか、
桜はピンクと知ってるけど実際は灰色に見えるとか、
弟が高校の時に校則違反の派手なピンクのシャツ着て学校行ってたのを気づかなかったとか、
小学生の頃は絵を描く時に太陽=赤とか覚えて塗ってたとか、
そんな話をしてた。
で、父が本当は子供の頃医者になりたかったけど血の色がわからないからなれなくて、まぁそもそも勉強苦手だったからな!ガハハ!みたいな感じ。
色盲って女にしか遺伝しないけど、発症するのは男だけらしく(本当かは不明)、
なので私がもし息子を産んだら遺伝するかも?とはわかってたけど、
なんというかそんなに深刻に考えてなかった。
私が小さい頃から父=色盲と知ってたし、日常生活ではまさに焼肉のときなどにたまに生焼けをとってしまうくらいのことしかなかったから。
うちの父メガネかけてるんだよねとか、水虫なんだよねくらいの情報としか思ってなかった。
でもそれで障害、病気を隠してたとなり、更にそれを言い出せなかった…申し訳ない…というわけでもないという考え方なのが合わないと言われてしまい、婚約破棄。
式も当然キャンセルになり、父は自分のせいで…父方祖母も私があの子(父)を健康に産んであげられなかったから孫の縁談が…となったけど、
正直私は未だに色盲と水虫同じレベルだと思ってしまっているので、本当に合わなかったんだろうと思う。
ちなみにその後、私は別の人と結婚して、息子が3人いる。
今のところ色盲らしき子はいないけど、それも学校で検査がなくなった(私が子供の頃はあった)から、本当のところはわからん。
色盲検査が学校からなくなった理由は、日常生活に支障がないかららしいけど、今でも医者は不可とか就けない職業があるのだろうか。

904: 名無しさん@おーぷん 22/10/11(火) 06:31:31 ID:fl.ok.L1
今だとメガネ作るときとかに眼科で赤と緑のどっちがよく見える?ってのが唯一の色盲の検査だよね?
息子たちは一度もやったことないけど、実は誰か色盲だったり色弱だったりするのだろうか。
式の2週間前の婚約破棄だったから、当時結構色んな人にこの話をしてしまったんだけど、私の意見派の人と元彼派の人で結構分かれたからびっくりした。
中には巻爪?マムシ指?とかも結婚前に言われたい!という人がいて、そんなん把握してない…と思いつつも、確かに親族に遺伝性の病気とかがある場合は言うべきとは思うけど、線引が難しいなーと思ったわ。

912: 名無しさん@おーぷん 22/10/12(水) 11:36:45 ID:vG.fv.L1
>>904
赤と緑の検査は色盲の検査じゃなくて、コンタクトレンズがあってるかの検査だよ

あと、色盲、色弱は水虫なんかとは違って治るものではない。男の子3人もいるのに調べてないとか楽観的で、中々な毒な母親だね。職種も選べなくなるのに。お子さんが可哀想。
907さんの言う通り、早く調べた方がいいよ。

913: 名無しさん@おーぷん 22/10/13(木) 00:45:03 ID:7X.it.L1
航空関係や鉄道関係は職種によっては色弱を含む色覚異常の人は弾かれるよ
たぶんパイロットや運転士とかその周辺だと思う
毒物や危険物の取り扱いも確か禁止されるはず、ここら辺になると必要になる業界は幅広い
子供が将来そこら辺をなりたい職業として考える可能性はあるからこれを機に調べてみては
知らないのと知ってるのとでは、子ども本人の心構えが全く違うと思うもの

915: 名無しさん@おーぷん 22/10/13(木) 10:43:50 ID:TL.q7.L1
  日本眼科医会では、鉄道運転士(後述)、染色業、塗装業、滴定実験を伴う業務、色調整・色校正が伴う業務については就業が困難とし、
  パイロットや鉄道・航空関係の整備士、商業デザイナー、警察官、看護師、獣医師、カメラマン、食品の鮮度を確認する作業が伴う業務、美容・服飾関係の業務については2色覚での就業が困難としている。
  また、医師や薬剤師、理容師、電気工事士、教師などについては本人の努力が必要としている。このため、日本眼科医会は進路選択前に色覚検査を受診することを推奨している。
              ウイキペディア

引用元: ・https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1653216655/

902: 名無しさん@おーぷん 22/10/11(火) 06:26:10 ID:fl.ok.L1
婚約してて、あと2週間で結婚式&入籍というところだった。
そんなときに私の実家で、彼も呼んで焼肉。
普通に和気あいあいと食べてたんだけど、父が取った肉がまだ生焼けで、お父さんそれ生焼けだよ、こっちが焼けてる方と言って渡したときに彼がん?という顔をした。
だから、あーお父さん色盲なんだよね、赤が見えなくてと話した。
それからは色盲あるあるというか、
肉の色がわからないから焼けたかどうかわからないとか、
桜はピンクと知ってるけど実際は灰色に見えるとか、
弟が高校の時に校則違反の派手なピンクのシャツ着て学校行ってたのを気づかなかったとか、
小学生の頃は絵を描く時に太陽=赤とか覚えて塗ってたとか、
そんな話をしてた。
で、父が本当は子供の頃医者になりたかったけど血の色がわからないからなれなくて、まぁそもそも勉強苦手だったからな!ガハハ!みたいな感じ。
色盲って女にしか遺伝しないけど、発症するのは男だけらしく(本当かは不明)、
なので私がもし息子を産んだら遺伝するかも?とはわかってたけど、
なんというかそんなに深刻に考えてなかった。
私が小さい頃から父=色盲と知ってたし、日常生活ではまさに焼肉のときなどにたまに生焼けをとってしまうくらいのことしかなかったから。
うちの父メガネかけてるんだよねとか、水虫なんだよねくらいの情報としか思ってなかった。
でもそれで障害、病気を隠してたとなり、更にそれを言い出せなかった…申し訳ない…というわけでもないという考え方なのが合わないと言われてしまい、婚約破棄。
式も当然キャンセルになり、父は自分のせいで…父方祖母も私があの子(父)を健康に産んであげられなかったから孫の縁談が…となったけど、
正直私は未だに色盲と水虫同じレベルだと思ってしまっているので、本当に合わなかったんだろうと思う。
ちなみにその後、私は別の人と結婚して、息子が3人いる。
今のところ色盲らしき子はいないけど、それも学校で検査がなくなった(私が子供の頃はあった)から、本当のところはわからん。
色盲検査が学校からなくなった理由は、日常生活に支障がないかららしいけど、今でも医者は不可とか就けない職業があるのだろうか。

904: 名無しさん@おーぷん 22/10/11(火) 06:31:31 ID:fl.ok.L1
今だとメガネ作るときとかに眼科で赤と緑のどっちがよく見える?ってのが唯一の色盲の検査だよね?
息子たちは一度もやったことないけど、実は誰か色盲だったり色弱だったりするのだろうか。
式の2週間前の婚約破棄だったから、当時結構色んな人にこの話をしてしまったんだけど、私の意見派の人と元彼派の人で結構分かれたからびっくりした。
中には巻爪?マムシ指?とかも結婚前に言われたい!という人がいて、そんなん把握してない…と思いつつも、確かに親族に遺伝性の病気とかがある場合は言うべきとは思うけど、線引が難しいなーと思ったわ。

912: 名無しさん@おーぷん 22/10/12(水) 11:36:45 ID:vG.fv.L1
>>904
赤と緑の検査は色盲の検査じゃなくて、コンタクトレンズがあってるかの検査だよ

あと、色盲、色弱は水虫なんかとは違って治るものではない。男の子3人もいるのに調べてないとか楽観的で、中々な毒な母親だね。職種も選べなくなるのに。お子さんが可哀想。
907さんの言う通り、早く調べた方がいいよ。

913: 名無しさん@おーぷん 22/10/13(木) 00:45:03 ID:7X.it.L1
航空関係や鉄道関係は職種によっては色弱を含む色覚異常の人は弾かれるよ
たぶんパイロットや運転士とかその周辺だと思う
毒物や危険物の取り扱いも確か禁止されるはず、ここら辺になると必要になる業界は幅広い
子供が将来そこら辺をなりたい職業として考える可能性はあるからこれを機に調べてみては
知らないのと知ってるのとでは、子ども本人の心構えが全く違うと思うもの

915: 名無しさん@おーぷん 22/10/13(木) 10:43:50 ID:TL.q7.L1
  日本眼科医会では、鉄道運転士(後述)、染色業、塗装業、滴定実験を伴う業務、色調整・色校正が伴う業務については就業が困難とし、
  パイロットや鉄道・航空関係の整備士、商業デザイナー、警察官、看護師、獣医師、カメラマン、食品の鮮度を確認する作業が伴う業務、美容・服飾関係の業務については2色覚での就業が困難としている。
  また、医師や薬剤師、理容師、電気工事士、教師などについては本人の努力が必要としている。このため、日本眼科医会は進路選択前に色覚検査を受診することを推奨している。
              ウイキペディア

引用元: ・https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1653216655/

関連記事

tag : 衝撃的婚約破棄

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
逆アクセス
タグクラウド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: