うちの母もセコケチだったと今になって気付いた。

333: 名無しの心子知らず 2020/09/14(月) 18:09:37.05 ID:aFavKSPK.net
昨日、駅で小1の頃によく遊んだAにあった。
「あれ?もしかして(私)ちゃん?……分からない?私だよ、ほら小さい頃によく遊んだAだよ」
「ええっ、Aなの!?久しぶり」
しばらくお互いの近況なんかを話して
「コロナが治まったらあの頃に遊んだBも呼んで3人で会いたいね」
なんてAは言ってたが、正直Aには会いたくなかった。
記事の途中ですがこちらもおすすめ


333: 名無しの心子知らず 2020/09/14(月) 18:09:37.05 ID:aFavKSPK.net
何故なら小2の夏ごろからAが率先して私をイジメたから。


Aはマンションやらアパートを複数持つ大地主の孫で、イジメが始まる前はよく家に呼んでくれた。
Aの家は離れで、母屋とは離れててAと弟の部屋はこれまたA家とは別棟の小さな離れ。

元々は亡くなったひい祖母さんが住んでいた家だそうだ。

ひい祖母さんの形見だというロッキングチェアによく座らせて貰った事を思い出したら、今まで忘れてたのにロッキングチェアの周りの風景が鮮明に甦ってきた。

Aと弟の部屋は物置も兼ねていて、隅に平たい箱がたくさん積まれてた。
「これ何?」ってAちゃんに聞いたら
「貰い物のカルピスとかプリンとか缶詰だよ」との事。

おばさん(Aちゃんママ)はフルーツ味のカルピスを作ってくれて、プリンやゼリーをおやつに食べさせてくれた。

そこで私がイジメにあう原因になった事件も思い出した。

うちの母はAちゃんママを「出戻り」とか「母子家庭」とか「実家が金持ちなだけなのに贅沢してる」と馬鹿にしていた。

実はAちゃんとBちゃんと私の3人でよく遊んでいたのだが母はてっきり同じ登校班のBちゃんの家に私が遊びに言ってると勘違いしていた。

ある日
「Aちゃんの家ってすごいんだよ、Aちゃんの部屋はおうちだし
カルピスとかプリンとかの箱がたくさんあるし、リカちゃんのドレスもたくさん持ってるんだよ
変わった味のカルピスとかプリンをAちゃんママは食べさせてくれたんだ」
と嬉しくてつい話してしまった私。

334: 名無しの心子知らず 2020/09/14(月) 18:13:36.88 ID:aFavKSPK.net
すると母は「お前Aさん家に出入りしてたのか!」と驚き、今度Aちゃんの家に行くときは妹も連れていくように命じた。

私は妹を連れていきたくなかった。
妹はワガママで欲しいものは何がなんでも手に入れるから。
私が婆ちゃんに買って貰ったリカちゃんも鞄もぬいぐるみも妹が欲しがり、渡すまいと抵抗したら母に殴られ取り上げられ妹の物になったから。
それに妹が友達から貰ったというキーホルダーを、その【友達】が「返して」って親と一緒に家に来た事もあったしね。


「連れていきたくない」と言ったら
「やだあ!カルピス!プリン、プリン!リカちゃんのドレス!」と床を踏み鳴らして怒る妹。
「一人でプリンを貰おうとするなんて意地汚い!妹にあげてもバチは当たらないよ」
と母に殴られ結局妹も連れていく事になったが、何とか妹を置いていこうと考えた。

翌日Aちゃんに誘われたので玄関にランドセルを置いてダッシュで行こうとしたら妹が母に言い付けた。
「バカ(妹は母を真似て私をバカと呼んでた)が意地悪して置いてく!」
「妹連れてくなら、Aちゃんの家に行かない!今日はAちゃんたちと遊ばない!」と抵抗したが
「妹にプリンを食べさせない気か!」
と母に拳骨をくらい、もう妹を連れていくしかなくなった。

「プリン!プリン!リカちゃんのドレス」とスキップする妹を恨めしく思いながらAちゃんの家に。

「ごめん、妹連れてきちゃった」
と言うとAちゃんはちょっと嫌な顔をしたが家にあげてくれた。

キーホルダー事件をAちゃんも知ってるから、そりゃ嫌がるよね。

案の定妹はAちゃんを無視してリカちゃんのドレスを物色。

私にとっての最大の悲劇は夕方に起きた。

335: 名無しの心子知らず 2020/09/14(月) 18:14:14.93 ID:aFavKSPK.net
Aちゃんのリカちゃんドレスを持てるだけ持って「ちょうだい!ちょうだい!」床を踏み鳴らして泣き叫ぶ妹。
取り返そうとするAちゃん&Bちゃん。
妹を宥めるAちゃんママ。
ただ眺めてるAちゃん弟。

そこへ何故かこんな日に限って迎えに来た母。

Aちゃんママに案内され離れに入ってきた母を見て、少し安心するAちゃんたち。
しかし、母はAちゃんママを馬鹿にしているうえに妹が欲しがれば何でも与える人だ。


「こんな部屋を与えて、こんなに玩具を与えて母子家庭のくせに生意気」
みたいな事でAちゃんママにお説教
「余ってるならこれは貰ってやる」と母。
「もう止めてよおおお!」と泣く私を無視して、カルピスを箱ごと強奪。

Aちゃんに
「小さい子が欲しがったらあげないといけないの!だいたい小2でリカちゃんで遊ぶのは馬鹿な子だけだよ」
と叱りつけリカちゃんのドレスも強奪しようとしたが、それはAちゃんママが阻止。

「Aちゃん、おばさんごめんなさい」
と泣きながら謝る私。
「リカちゃんのドレス!ドレス!」
泣きわめく妹。
「ケチ!」
と戦利品のカルピスを手に妹と帰る母。

その日どう帰ったか覚えてないが、この日以降私とAちゃんは遊ばなくなり
「コジキの子、泥棒の子」と苛められる羽目に。

カルピス強奪事件は何故か綺麗さっぱり記憶から消え、ただAちゃんに苛められた記憶だけが残ったと真実に気付いたorz

Aちゃんを恨んでいたが、Aちゃんはむしろ被害者だと今は思う

話しかけてくれた時に素っ気なくして悪かったと今では反省しているよ

336: 名無しの心子知らず 2020/09/15(火) 07:14:39.38 ID:pCG/Fxis.net
…すいませんが、英才教育を施されてしまったクソガ…
いや、妹さんの方はその後どうなったんでしょうか。
致命的なやらかしをして、然るべき施設に収容されたのでしょうか。
それとも、反社会性人格障害を抱えたままサイマーになったのでしょうか。

337: >>332-334 2020/09/15(火) 08:32:17.44 ID:sVeS/9RQ.net
レスありがとうございます

>>336
妹は社会人になったあとも私生活でも職場でも問題を起こしました

私が把握している限りでは
・後輩に弁当や私物を集り拒否されたからイビって辞めさせた事を武勇伝みたいに自慢
・残業代を割り増しして申告、「実際に残業してない分の残業代は払えない」と言われたら辞表提出し
「タダ働きさせられたうえ解雇されたって訴えてやる!」と社長に言い
面倒になったのか社長が残業代は払うと言ったら
「残業代出すなら働いてあげる!辞表は取り消してあげるから」と言ったらしいが結局は辞表取り消しは出来ず退職
「働いてあげるって言ってるのに!社長のバカ」と怒り狂う
・私の友達は自分の友達と勘違い、人の携帯を盗み見て当時松×屋で働いていた勝手に連絡
「あんたデパートで働いてるんだから色々と安く買えるんでしょ?ついでに私が欲しいものも安く買ってよ」と要求
友達から「私ちゃんの妹何とかしてよ!断っても断ってもしつこい!」とクレームが来た


その後なんだかんだで家を出ていき、妹は独り暮らしを始めたあとでまた仕事を辞めて(辞めさせられて?)
現在は3年無職で貯金切り崩して暮らしてるみたいです。
(貯金切り崩し以外に誰かに集ってるかも)その状況にあれだけ妹を可愛がっていた母も妹を見捨て、今では私すり寄り妹の事を愚痴る始末。


妹に下手に関わると集られたり、友達に迷惑かかるから私はもう絶縁してます。
母とも絶縁したいけれど、母は将来私に面倒みてもらうつもりですり寄ってくるからなかなか難しい

338: 名無しの心子知らず 2020/09/15(火) 08:52:45.99 ID:A0klHEwm.net
スレチ

339: 名無しの心子知らず 2020/09/15(火) 10:31:31.86 ID:Uj2BkVD/.net
kwskされたから詳細書いたらスレチ警察来て草
この場合はその後とかに書くべき?w

>>337
矯正されなかったんだね
親もアレだし激乙

340: 名無しの心子知らず 2020/09/15(火) 15:14:10.95 ID:pCG/Fxis.net
>>339
泥棒幼稚園の卒園証書(兄姉の物を泣き喚いてゲット)をもらってるクソガキというのは、その後は順風満帆の
泥棒エリート人生を歩むものです。
一度甘い汁を吸った体験というのは、血反吐吐くまでぶちのめしても治らないのです。

344: 名無しの心子知らず 2021/03/28(日) 12:12:49.72 ID:inn0v/8v.net
>>340
うちは姉と弟がこんな感じで泣きわめいてワガママを通す泥エリートだった
いい年こいても変わるどころかエスカレートしてる、強奪体験を許すのは良くないね

引用元: http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/baby/1485447230/

関連記事

tag : 修羅場衝撃的セコママ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
逆アクセス
タグクラウド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: